資格情報 CompTIA

CompTIA認定資格は技術者としてニーズの高い職種において、共通して必須な“実務基盤” とされる技術知識、スキル、問題解決能力、 業務遂行の考え方を問います。
“実務基盤” とは、実務でのある環境において、問題を分析し、またはベストプラクティスを検討するために、必要な知識やスキルを取捨選択した上で活用する、または当てはめる能力です。 すなわち“技術専門性”を問うベンダー資格や、“知識専門性”を問う国家資格を、実務で当てはめて活用できる能力を評価できるもの、それがCompTIA認定資格です。

試験情報

提供元 CompTIA 試験会場 ピアソンVUE

CompTIA A+

CompTIA A+は、PCクライアント運用・管理を実施する上で必要とされる知識やスキル、現場対応能力・業務遂行のための考え方を評価する認定資格です。
ソフトウェアとハードウェアの両面からのITスキルに加え、セキュリティやコミュニケーション等の実務能力を証明します。
CompTIA A+は、Microsoft、Hewlett-Packard、Cisco、Novellから提供されている認定資格の資格要件の一部として活用されています。また、多くのITサービスを提供する会社では、CompTIA A+をサービスエンジニア(サポートエンジニア、カスタマーエンジニア)の必須資格として社内で推奨されています。

対応コース一覧

 

CompTIA Network+

CompTIA Network+は、「ネットワーク技術」に携わる職種において、実務上共通して必須とされる実務能力とされる技術知識、スキル、問題解決能力、技術遂行能力の考え方を評価する認定資格です。
CompTIA Network+認定取得者は、ネットワーク管理者、ネットワーク技術者、ネットワークインストーラー、ヘルプデスクテクニシャン、ITケーブルインストーラー等を含む様々な業務分野で活躍しています。

対応コース一覧

 

CompTIA Linux+

CompTIA Linux+は、CompTIA認定資格のポリシーを貫いて作成されているため、開発・最新技術動向に重点を置く多くのLinux関連資格とは全く役割が違います。
CompTIA Linux+は、「Linuxの普及、環境整備」 のために必要な人材を効率的に輩出するために作成されているため、現在、「顧客側」で利用・活用されている環境を理解し、最適な環境へと導ける対応能力を問うことにあります。
つまり、Linux が活用される環境を構築または支援しなければならない業務(SE、サポート、技術営業など)に携わる方に対して、必要な実務能力を評価することにあります。

→ 対応コースなし

 

▲ページTOPへ