資格情報 情報処理技術者

経済産業省で認定される情報処理技術者のための国家資格試験です。 情報システムを構築・運用する「技術者」から情報システムを利用する「エンドユーザ(利用者)」まで、ITに関係するすべての人に活用いただける試験として実施しています。

試験情報

提供元 情報処理技術者試験センター 試験会場 各試験地

ITパスポート試験 <春 ・ 秋>

職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識の試験です。情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする人に求められる内容です。

対応コース一覧

 

基本情報技術者試験 <春 ・ 秋>

ハイレベルなITに携わるために必要な基本的知識・技能を求められます。基本戦略立案または、ITソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事しており、上位者の指導の下、情報技術を活用した戦略立案に参加し、システムの設計・開発やインテグレーションなどの業務にて、実践的な活用能力を身につけた人たちが対象です。

対応コース一覧

 

応用情報技術者試験 <春 ・ 秋>

ハイレベルな応用的知識・技能を擁し、技術者としての方向性を確立したITエンジニアが対象です。企業や社会が抱える課題に対して、情報技術を用いた戦略を練ったり、信頼性、生産性の高いシステムを構築・運用が可能な知識が必要です。

対応コース一覧

 

データベーススペシャリスト試験 <春>

データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画から開発、運用、保守において中心的な役割を果たすとともに、専門家として技術支援を行う人が対象です。高品質なデータベースを企画、要件定義、開発、運用、保守するために必要な知識、実践能力が要求されます。

対応コース一覧

 

情報セキュリティスペシャリスト試験 <春 ・ 秋>

情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守において、情報セキュリティポリシに準拠して、セキュリティ機能の実現を支援、整備する人が対象です。また、情報システム基盤を整備し、専門家として情報セキュリティ管理を支援できる技能が要求されます。

対応コース一覧

 

システムアーキテクト試験 <秋>

高度IT人材として確立した専門分野をもち、ITストラテジストによる提案を受けて情報・組込みシステムの開発に必要な要件を定義し、アーキテクチャの設計、システム開発を主導する者が対象となります。業務を円滑に遂行するための、業務プロセス、情報システム、組込みシステムの知識、実践能力などが要求されます。

対応コース一覧

 

ITストラテジスト試験 <秋>

高度IT人材として確立した専門分野をもち、企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、ITを活用し改革、高度化、最適化する為の基本戦略を策定・提案・推進するノウハウが求められます。

対応コースなし

 

ITサービスマネージャ試験 <秋>

情報システム全体について、安定稼動を確保し、継続的に改善、品質管理など、安全性と信頼性の高いサービス提供を行う技能を有する人が対象です。業務のメインはITサービスのマネジメントであり、顧客の設備要件に合ったハードウェア、ソフトウェアの導入、保守、修理の実施したり、データセンタ施設のファシリティマネジメントなどの、知識、実践能力がレベルの能力が要求されます。

対応コースなし

 

プロジェクトマネージャ試験 <春>

システム開発プロジェクトの責任者として、計画の立案、人員、資源の確保、計画した予算、納期、品質に関して責任をもってプロジェクトを管理・運営する者が対象です。情報システム、組込みシステムの知識を持ち、組織運営、システム全般に関する知識、実践能力が要求されます。

対応コース一覧

 

システム監査技術者試験 <春>

被監査対象から独立した立場で、情報システムや組込みシステムに関するリスク及びコントロールを総合的に点検、評価し、監査結果をトップマネジメントなどに報告する者が対象です。情報システムや組込みシステムの企画・開発・運用・保守に関する幅広い知識に基づく、リスク分析とコントールを行い、ITガバナンスの向上やコンプライアンスの確保に貢献できるような改善を促進するため、の監査計画の立案、監査などの知識、実践能力が要求されます。

対応コース一覧

 

ネットワークスペシャリスト試験 <秋>

ネットワークに関係する固有技術を活用し、最適な情報システムの企画、要件定義、開発、運用、保守においての中心的な役割を果たすと共に、専門家としての技術支援を行う人が対象です。目的に適合したネットワークシステムを構築・維持するために必要な知識、実践能力が要求されます。

対応コース一覧

 

▲ページTOPへ