eラーニングコース情報 [ PMP ]
コースIDをクリックすると詳細をご覧いただけます。
コース一覧 - PMP

コースID コース名 DL/WEB 概要 受講価格(税込)
H0480031 iStudy NX for PM 顧客とのネゴシーエーション技法とロジカルシンキング WEB ネゴシエーション技法とロジカルシンキングを学ぶための学習用eラーニングです。IT プロジェクトでは、顧客との間で様々なトラブルが頻繁に発生します。プロジェクトマネージャは、その度に顧客とのネゴシエーション(交渉)が必要になります。ただ、これらの交渉で、顧客を打ち負かしたりしては、顧客との間で「しこり」を残して後々のプロジェクトが進めにくくなり、結果ますますトラブルを抱えることになります。「勝った・負けた」の交渉ではなく、お互いの満足度を最大にする「交渉力」が必要となります。本講座では、コミュニケーション技術としての「生産的なネゴシエーション(交渉)技法」の基本と、顧客の要求パターンに対する具体的なテクニックおよびトラブル事例での対処法をご紹介します。 ¥ 19,440
H0720031 iStudy for PM プロジェクトリーダーの役割と心構え WEB プロジェクトリーダーは何故必要なのか。リーダーの役割は何か。その役割を果たすために重要なことはプロジェクトに対
するイメージ作り、コミュニケーション、リーダーシップです。そのためにリーダーに必要な特性は何か、意識して気をつけ
なければならない心構えは何かについて学習します。

※本コースは、PMP資格更新に必要なPDU(6時間分)の発行が可能なコースです。
PDUの発行には、所定の発行条件を満たす必要があります。
<発行条件>
・利用期間内に申請を行うこと
・すべての学習項目を受講していること
¥ 24,840
H0730031 iStudy for PM プロジェクトマネジメント手法の基礎 〜WBS・工程の表現・EVM・FP法〜 WEB プロジェクトマネジメントを進めるにあたって、世の中で一般的に知られている、いわば定石として認知されてる知識、考え方、手法を学習します。

※本コースは、PMP資格更新に必要なPDU(6時間分)の発行が可能なコースです。
PDUの発行には、所定の発行条件を満たす必要があります。
<発行条件>
・利用期間内に申請を行うこと
・すべての学習項目を受講していること
¥ 24,840
H0763031 iStudy for PM プロジェクト計画 〜計画の立て方・見積り・体制・工程計画〜 WEB 「始め良ければ半ば良し、終わり良ければ全て良し。」プロジェクトにおける始めはプロジェクト計画です。この計画が具体的で実行可能ならばプロジェクトの成功は半ば見通されます。よって、プロジェクトリーダーはこの計画に意識して集中しなければなりません。本コースでは、この計画についてのポイントを学習します。

※本コースは、PMP資格更新に必要なPDU(6時間分)の発行が可能なコースです。
PDUの発行には、所定の発行条件を満たす必要があります。
<発行条件>
・利用期間内に申請を行うこと
・すべての学習項目を受講していること
¥ 24,840
H46051 iStudy NX for PM 失敗プロジェクト撲滅のためのステークホルダーマネジメント WEB プロジェクトを成功に導くためのステークホルダーマネジメントの方法を学ぶための学習用eラーニングです。IT プロジェクトの失敗は後を絶たないが、その主要因としてステークホルダーマネジメントの不備が挙げられる。逆に言えばステークホルダーの力を最大限に引き出すことがプロジェクト成功の秘訣である。本講座では長年IT プロジェクトマネジメントを実践してきた経験を踏まえて、ステークホルダーマネジメントを的確に行うための心得、事例を含めた実践的な方法を紹介して、プロジェクトマネジャ諸氏のプロマネカ向上に資することを目的とする。 ¥ 19,440
H46151 iStudy NX for PM 要求定義のためのヒアリングと仕様化テクニック Vol.1 WEB 要求定義のためのヒアリング、ならびに適切に表現する技術を学ぶための学習用eラーニングです。最近のソフトウェア開発の混乱には目に余るものがあります。そこでは、問題の多くが、不適切な要件定義に起因していることも問われています。この問題の解決のために、多くの組織では要件管理などの「管理プロセスの改善」に取り組んだものの、エンジニアリングとしての要件定義技術の向上を先行させないかぎり、要件管理は機能しません。この講座で扱う要件定義のためのヒアリングとその結果を適切に表現する技術は、要件定義の中心となる技術であり、ここから色々な改善が始まります。 ¥ 19,440
H46251 iStudy NX for PM 要求定義のためのヒアリングと仕様化テクニック Vol.2 WEB 要求定義のためのヒアリング、ならびに適切に表現する技術を学ぶための学習用eラーニングです。最近のソフトウェア開発の混乱には目に余るものがあります。そこでは、問題の多くが、不適切な要件定義に起因していることも問われています。この問題の解決のために、多くの組織では要件管理などの「管理プロセスの改善」に取り組んだものの、エンジニアリングとしての要件定義技術の向上を先行させないかぎり、要件管理は機能しません。この講座で扱う要件定義のためのヒアリングとその結果を適切に表現する技術は、要件定義の中心となる技術であり、ここから色々な改善が始まります。iStudy NX for PM 要求定義のためのヒアリングと仕様化テクニック Vol.1の後編となります。 ¥ 19,440
H47851 iStudy NX for PM メンタリングの進め方と実践法 Vol.1 WEB プロジェクトマネジメントにおけるメンタリング技法を学ぶための学習用eラーニングです。多くのIT 企業にとって、プロジェクトマネジャーの育成・スキルアップは、急務を要する課題です。しかし、プロジェクトマネジメントの失敗要因からもわかるように、知識のみならず、経験・コミュニケーション能力等、幅広いスキルが要求され、一般的な研修のみではその育成が困難であるのも事実です。このような背景からPM の育成にはメンタリング技法が有効であると言われ始めております。当講座では、「メンタリング技法」について、 「プロジェクトマネジメント」にテーマを絞り、IT企業がPM育成のためにどのような手法で メンタリングを導入していけば良いかを実践的な見地から詳しく解説いたします。 ¥ 19,440
H47951 iStudy NX for PM メンタリングの進め方と実践法 Vol.2 WEB 多くのIT企業にとって、プロジェクトマネジャーの育成・スキルアップは、急務を要する課題です。しかし、プロジェクトマネジメントの失敗要因からもわかるように、知識のみならず、経験・コミュニケーション能力等、幅広いスキルが要求され、一般的な研修のみではその育成が困難であるのも事実です。このような背景からPMの育成にはメンタリング技法が有効であると言われ始めております。当講座では、「メンタリング技法」について、 「プロジェクトマネジメント」にテーマを絞り、IT企業がPM育成のためにどのような手法でメンタリングを導入していけば良いかを実践的な見地から詳しく解説いたします。 ¥ 19,440