資格情報 OSS-DB技術者認定資格

オープンソースデータベース技術者認定資格(OSS-DB 技術者認定資格)とは、特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が、オープンソースデータベース(OSS-DB)に関する技術力と知識を、公平かつ厳正に、中立的な立場で認定するIT 技術者認定資格です。本試験はOSS-DB のなかでも、特に商用データベースとの連携に優れ、エンタープライズ・システムでも多く活用されている「PostgreSQL 9.0」を基準のRDBMS として採用しています。
OSS-DB 認定制度には「Silver」と「Gold」の二つのレベルがあり、それぞれ規定のスキルを備えているIT 技術者であることを認定します。

試験情報

提供元 LPI-Japan 試験会場 ピアソンVUE

OSS-DB Silver

データベースシステムの設計・開発・導入・運用ができる技術者
下記のスキルと知識を持つエンジニアであることを証明する。
・RDBMSとSQLに関する知識を有する。
・オープンソースデータベースに関する基礎的な知識を有する。
・オープンソースを利用して小規模なデータベースの運用管理 ができる。
・オープンソースを利用して小規模なデータベースの開発を 行う事ができる。
・PostgreSQLなどのOSS-DBを使ったデータベースシステムの運用管理ができる。
・PostgreSQLなどのOSS-DBを利用した開発でデータベース部分を担当することができる。

対応コース一覧

 

OSS-DB Gold

大規模データベースシステムの改善・運用管理・コンサルティングができる技術者
下記のスキルと知識を持つエンジニアであることを証明する。
・RDBMSとSQLに関する知識を有する。
・オープンソースデータベースに関する深い知識を有する。
・オープンソースを利用して大規模なデータベースの運用管理ができる。
・オープンソースを利用して大規模なデータベースの開発を行う事ができる。
・PostgreSQLなどのOSS-DBの内部構造を熟知している。
・PostgreSQLなどのOSS-DBの利用方法やデータベースの状態を検証してトラブルシューティングをすることができる。
※前提資格保有条件として、「有意なOSS-DB Silver」を保有している必要があります。

対応コース一覧

 

▲ページTOPへ