eラーニング(iStudy)について

iStudyシリーズは、様々なスキルアップや資格に対応したeラーニングです。
概要や主な機能、利用形態についてご案内いたします。

充実した内容のeラーニング

システム・テクノロジー・アイは、スキル診断からテストおよび学習、書籍、集合研修など、自己の実力を知りStep by Stepで弱点を補強しながら理解を深められる学習コンテンツを幅広く提供しています。
その中でもiStudyシリーズとして販売中のeラーニングは、スキルアップをしたいという向上心にお応えし続け、コンプライアンスやヒューマンスキル等のビジネス向けコンテンツからITエンジニア向けのコンテンツまで、個人、法人向けの様々な学習コンテンツを提供しております。

これらのiStudyシリーズは、1999年8月から販売を開始し、累計で約83万ライセンスを販売しており、現在も多くの学習者様をサポートしております。
また、電子テキストの閲覧ツール「iStudy Viewer」や独自のeラーニングコンテンツを作成できる「iStudy Creator NX」など、iStudyシリーズに関連する各ツールも取り揃え、スキルアップを徹底的にバックアップしております。

iStudyライセンス販売数

 

iStudy(eラーニング)の学習形式

テスト形式

iStudyのテスト形式は、数百問からなる模擬問題とカテゴリ別の成績表示で弱点を把握できる仕組みになっています。
また、苦手な問題ばかりを集中的に出題する「特訓モード」、本番の試験前には「模擬問題モード」など、状況に応じて最適なモードを選択できる機能や、各問題の解答・解説や関連書籍の参照ページの表示などの機能を搭載しています。さらに、問題に関する質問や診断サービスを学習期間内に無料で受けられ、学習者様をサポートしています。

テスト形式

 

学習形式

iStudyの学習形式は、専任講師やアニメーション等のビデオ映像により、学習者が基礎から体系的に学ぶことができる仕組みになっています。
ビデオ映像による学習後は、模擬問題を解いて理解度を確認。不明な点は質問サービスやFAQ検索が利用できます。(一部のコンテンツはご利用いただけません)
また、学習進捗状況をインターネットを通じて学習管理サーバと連携することにより、従来のeラーニングの学習管理ができる優れた点をそのまま利用できるのが特徴です。

学習形式

 

主な機能

テスト形式のeラーニングを例に挙げ、様々な機能をご紹介しています。
学習モードの選択や成績履歴、成績診断、弱点の把握、そして質問サポートなど、さまざまな機能で学習者をサポートしています。

詳細を見る

利用形態

iStudyのeラーニングは、現在Web版とハイブリッド版の2種類を販売しております。
こちらのページではそれぞれの説明や特徴などをご案内しています。

詳細を見る

スキル診断

自己のスキルや経験を客観的な指標から診断し、今後のキャリアパスを考えたスキルアップの指針となるのがITSSやETSSです。
iStudyではこれらの機能をeラーニングでご利用いただけます。

詳細を見る

 

 

 

▲ページTOPへ