iStudy Innovation 2013

セミナー報告

会場

2013年11月13日、システム・テクノロジー・アイ主催のセミナー「iStudy Innovation 2013 ~事例で見つかる人財育成のヒント~」が、第一ホテル東京シーフォートにて開催されました。
当日は数多くのお客様にご参加いただき、大盛況となりました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

大杉氏

基調講演では、企業のIT戦略のコンサルティングを行う株式会社アイ・ティ・アール アナリスト大杉 豊氏が登壇。 市場の動向や今後の予測などを調査資料を織り交ぜ、「イノベーションを誘発する組織とは」「eラーニング(LMS)の潮流」「人財活用におけるITシステムの融合について」を論点としてご講演いただきました。

 

事例講演1では、塩野義製薬株式会社の安達氏による講演。同社の人材教育におけるeラーニングの運用の歴史や経緯、同社に昨年から導入いただいているiStudyの導入前の課題や選定の経緯、現在の運用状況、導入後の効果や今後の改善ポイントを具体的にご紹介いただきました。

事例講演2では、株式会社アイ・ラーニング 西田氏による講演。IBM研修のプロバイダーとして研修事業を行う同社に導入いただいているペーパーレス研修システムの採用から使用構成イメージ、実際に使用した学習者の声をもとにした効果の検証などをご紹介いただきました。

事例講演3では、オムロン フィールドエンジニアリング株式会社 杉野氏・古田氏による講演。同社のLMSをリプレイスするにあたり、「人財育成の見える化」をポイントに、再構築した教育体系と連動させるための経緯やiStudy導入後のeラーニング・研修の実施方法、eラーニングを利用した社内通達の周知方法などをご紹介いただきました。

松岡講演

そしてプログラムの最後となる弊社講演では、弊社代表取締役社長 松岡より、iStudyのこれまでの実績をはじめ、新しいクラウドサービスやペーパーレス環境への拡張など、進化し続けるiStudyの今後のビジョンについて紹介いたしました。

 

会場では、弊社製品をはじめ講演・協賛企業による展示・デモブースも設置されました。

展示・デモブース

※セミナーで使用した資料は下のプログラムに記載のリンクよりご覧いただけます。

▲ページTOPへ

開催概要

開催日時

2013年11月13日(水)13:00~17:00(受付12:30~)

会 場

第一ホテル東京シーフォート 3階 ハーバーサーカス
住所:東京都品川区東品川2-3-15 (地図
アクセス:東京モノレール 天王洲アイル駅直結/りんかい線 天王洲アイル駅 徒歩4分

定 員

230名

参加費

無料(事前登録制)

主 催

株式会社システム・テクノロジー・アイ

協 賛

株式会社アイ・ラーニング / ミラクル・リナックス株式会社 (50音順)

メディアパートナー

BCNヒューマンセントリックス

※同業他社様からのお申込みはお断りさせていただく場合がございます。

▲ページTOPへ

プログラム

セミナー資料のダウンロードは、右側のPDFアイコンをクリックしてください。

<ダウンロード資料に関するご注意>
ダウンロードした資料の著作権・所有権は、各著作物の著作権者に所属します。
ダウンロードした資料は本セミナーでの利用のみとし、資料の全部または一部を許可なく複製、転用、販売などの二次利用は一切禁止いたします。

時間 セミナー内容 資料DL

13:00~

開会

 

13:05~13:45

大杉氏

【基調講演】教育におけるイノベーションと人財活用の新潮流
~eラーニング基盤を土台とした企業内イノベーションの誘発と人財活用におけるITとの融合について~
株式会社アイ・ティ・アール
アナリスト 大杉 豊 氏

 

13:45~14:25

【事例講演 1】教育研修の全社基盤としてのeラーニング導入
塩野義製薬株式会社

全社基盤としてのeラーニング活用推進を図っていく中で、昨年システム・テクノロジー・アイの学習管理システム(iStudy)へのリプレースを実施しました。製造業として様々なバリューチェーンのニーズがある中で、広域なニーズに耐えうる全社共通基盤としてのeラーニング研修の活用・展開が求められております。 このような求めに対する解として、iStudyの導入を行いましたが、導入にあたって、弊社の抱えていた課題、教育研修の動向、短期間での導入プロジェクト推進、運用状況といった事例をお話しさせていただきます。
また、グローバル展開や営業担当者(MR)に対するモバイル研修等、今後弊社が取り組むべき内容についても、ご紹介させていただきます。

14:25~15:05

【事例講演 2】学習者から見たペーパーレス研修の効果
株式会社アイ・ラーニング

IBM研修事業を一手に担う同社は、紙の研修テキストを使用することなく研修を開催することができるペーパーレス研修を9月より提供開始しました。ペーパーレス研修による効果を学習者目線からお伝えし、ペーパーレス研修の導入意義や導入効果についてご紹介いたします。

15:05~15:20

休憩

 

15:20~16:00

【事例講演 3】教育体系と連動した「人財育成の見える化(eUNIVERSITY)」の導入
オムロン フィールドエンジニアリング株式会社

新たな戦略として「現場対応力の強化」「アウトソーサーとしての能力強化」「マネージメント人財の強化」を ポイントとした教育体系を構築し、人財育成を図っています。研修受講実績をはじめとした人財育成を見える化することで、社員一人ひとりが成長を描き・成長を実感し、上司も能力把握をできるような仕組みづくりに着手しました。

16:00~17:00

【iStudy Innovation】「Next iStudy」さらに進化するラーニングプラットフォーム
株式会社システム・テクノロジー・アイ
代表取締役社長 松岡 秀紀

※都合により内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※会場にて「学習管理システム」「eラーニングコンテンツ変換」「ペーパーレス研修」デモを実施いたします。

▲ページTOPへ