ITSS/ETSS/職業能力スキル診断

社員のスキルを診ることが、スキルアップの最初のステップです。
長い間、スキルを可視化する手法は難しいとされてきました。しかし、2003年にITスキル標準が経済産業省より発表され、ITスキルフレームワークが登場とするとともに、ETSS組込みエンジニアスキルなども登場し、スキルを可視化することが可能となりました。

ITスキル標準(ITSS)診断

ITスキル標準は、経済産業省が中心になって策定されたITエンジニア向けのスキルフレームワークです。
現在は、IPA ITSSセンターにより、毎年見直しが実施されております。

詳細を見る

ITSS V3

▲ページTOPへ

組込みスキル標準(ETSS)診断

ETSSとは経済産業省が中心となって策定した、家電・カーナビ・携帯電話などの組込みソフトウェアに関するスキル標準です。9職種12専門分野、7段階で構成されています。

詳細を見る

ETSS

▲ページTOPへ

職業能力スキル診断

職業能力スキル診断は、厚生労働省の策定の職業能力評価基準のスキルフレームワークに基づくスキル診断です。

詳細を見る

職業能力スキル診断

▲ページTOPへ

潜在能力スキル診断

技術・資格などの表面的スキルではなく、性格・ポテンシャルなど個人の内面に深く切り込んだスキル診断を行います。

詳細を見る

▲ページTOPへ