ITスキル標準(ITSS)の職種について

ITスキル標準(ITSS)で取り扱われている職種と対応するiStudyのコースについてご案内いたします。

職種

プロジェクトマネジメント

プロジェクトマージャは、プロジェクトの運営の責任者であり、プロジェクトを計画通り遂行するための責務を負います。
ITシステムの構築では、プロジェクトマネージャは、シ ステム開発における各作業フェーズの計画と運営を行います。
プロジェクトマネージャのプロジェクトの遂行に関して、最近ではPMBOKが注目されています。PMBOKでは、プロジェクトを遂行する際に、スコープ(プロジェクトの目的と範囲)、時間、コスト、品質、人的資源、コミュニケーション、リスク、調達、統合管理の9つの観点(「知識エリア」と呼ばれている)でマネジメントを行う必要です。

関連するeラーニングはこちら

トライアル版はこちら

ITスペシャリスト

ハードウェア、ソフトウェア関連の専門技術を活用し、顧客の環境に最適なシステム基盤の設計、構築、導入を実施する。
構築したシステム基盤の非機能要件(性能、回復性、可用性など)に責任を持つ。

関連するeラーニングはこちら

トライアル版はこちら

アプリケーションスペシャリスト

業種固有業務、汎用業務、アプリケーション開発に関する専門技術を活用し、業務上の課題解決に係わるアプリケーションの品質(機能性、回復性、利便性等)に責任を持つ。

関連するeラーニングはこちら

トライアル版はこちら

マーケティング

顧客ニーズに対応するために、企業、事業、製品及びサービスの市場の動向を予測かつ分析し、事業戦略、販売戦略、実行計画、資 金計画及び販売チャネル戦略等ビジネス戦略の企画及び立案を実施する。市場分析等をつうじて立案したビジネス戦略の投資効果、新規性、顧客満足度に責任を持つ。

関連するeラーニングはこちら

トライアル版はこちら

セールス

顧客における経営方針を確認し、その実現のための課題解決策の提案、ビジネスプロセス改善支援及びソリューション、製品、サービスの提案を実施し成約する。
顧客との良好なリレーションを確立し顧客満足度を高める。

関連するeラーニングはこちら

トライアル版はこちら