パートナー様向け情報

2012年5月

iStudy コースカタログ(約1.3MB) UPDATE!

iStudy Cloud 価格表(20KB)

iStudyシリーズITSS研修ロードマップ(135KB)

 
【INDEX】
新製品販売のお知らせ
コンプライアンスシリーズ(4タイトル)
LPIシリーズ(2タイトル)
製品更新のお知らせ
(0タイトル)
販売終了製品のお知らせ
(0タイトル)
 
■ 新製品販売開始のお知らせ
[コンプライアンスシリーズ]
製品名 品番 期間 形態 価格(税込)
法人unit数
iStudy for コンプライアンス
情報セキュリティ講座 中級編
H0671031
R0671031
90日 学習 9,450円
9unit

リリース日:5月17日

【製品概要】
職場に情報セキュリティを定着させるための行動や、情報セキュリティポリシーやセキュリティ対策といったベースとなる考え方を身につけることをねらいとします。
(管理者の方が対象の内容です)

【前提知識】特に必要ありません

【対象】情報セキュリティの考え方・扱い方の普及・定着の役割を担う方。
管理者の方。

【コース目標】部下に企業の情報セキュリティの指導ができ、また職場に必要なセキュリティ対策を実践することができます。

【動作環境】OS:Windows XP/Vista/7、ブラウザ:IE7/IE8/IE9、必要ソフト:Adobe Flash Player 最新版

【主な学習項目】
1情報セキュリティの必要性
1-1 はじめに
1-2 セキュリティ侵害事例
1-3 なぜ情報セキュリティに取り組むのか
1-4 まとめ

2脅威
2-1 はじめに
2-2 ネットワークにおける脅威
2-3 職場における脅威
2-4 まとめ

3管理者の役割
3-1 はじめに
3-2 管理者の心構え
3-3 まとめ

4情報セキュリティポリシー
4-1 はじめに
4-2 情報セキュリティポリシーとは
4-3 情報セキュリティポリシーの効果
4-4 運用のサイクル
4-5 情報セキュリティ教育
4-6 セキュリティ監査
4-7 緊急時の対応方法
4-8 まとめ

5情報セキュリティ管理のポイント
5-1 はじめに
5-2 情報セキュリティ管理の難しさ
5-3 情報管理
5-4 その他の資産の管理
5-5 ビジネス環境の整備
5-6 まとめ

6技術的な対策
6-1 はじめに
6-2 アクセス制御の仕組み
6-3 ファイアウォールの仕組み
6-4 暗号の仕組み
6-5 まとめ

▲このページのTOPへ
製品名 品番 期間 形態 価格(税込)
法人unit数
iStudy for コンプライアンス
個人情報保護
H0672031
R0672031
90日 学習 9,450円
9unit

リリース日:5月31日

【製品概要】
ビジネスパーソンの常識となりつつある個人情報の扱い方について、社会における個人情報保護の意義から日常の行動での注意点についてまで学び個人情報に対する意識を身につけることをねらいとしています。

【前提知識】特に必要ありません

【対象】個人情報保護の考え方・扱い方の普及・定着の役割を担う方。

【コース目標】個人情報の漏洩対策として気をつけるべきものは何かを説明できます。

【動作環境】OS:Windows XP/Vista/7、ブラウザ:IE7/IE8/IE9、必要ソフト:Adobe Flash Player 最新版

【主な学習項目】
1個人情報保護の考え方
1-1 はじめに
1-2 近年の個人情報の漏洩に関する事件
1-3 個人情報とは
1-4 個人情報のライフサイクル
1-5 個人情報保護の原則
1-6 まとめ

2事例からみる個人情報の漏洩とセキュリティ対策
2-1 はじめに
2-2 ケース1:大手百貨店からの顧客名簿漏洩事件
2-3 ケース2:地方自治体の住民情報漏洩事件
2-4 ケース3:大手エステサロンの個人情報漏洩事件
2-5 ケース4:健保保険組合が管理する治療報酬明細書(レセプト情報)の漏洩事件
2-6 個人情報の漏洩経路
2-7 まとめ

3個人情報保護のためのコンプライアンス・プログラム
3-1 コンプライアンス・プログラム
3-2 はじめに
3-3 個人情報保護のためのコンプライアンス・プログラムとは
3-4 コンプライアンス・プログラムのPDCA
3-5 コンプライアンス・プログラム構築、運用のための各自の役割
3-6 まとめ

4組織としてどう取り組むのか
4-1 はじめに
4-2 個人情報保護方針の策定
4-3 個人情報の管理体制の構築
4-4 コンプライアンス・プログラムの推進
4-5 まとめ

5個人情報どう管理するのか
5-1 はじめに
5-2 セキュリティ対策の検討および内部規程の制定
5-3 内部規程の徹底
5-4 まとめ

6個人情報をどう取り扱うか
6-1 はじめに
6-2 内部規程の遵守
6-3 個人情報の取扱い時の注意点
6-4 まとめ

7個人情報は各自で守る
7-1 はじめに
7-2 パスワードについて
7-3 インターネット利用について
7-4 日常生活について
7-5 まとめ

8個人情報保護のまとめ
8-1 各章のまとめ

▲このページのTOPへ
製品名 品番 期間 形態 価格(税込)
法人unit数
iStudy for コンプライアンス
ISMSの確立と情報セキュリティポリシー
H0673031
R0673031
90日 学習 11,550円
11unit

リリース日:6月14日

【製品概要】
情報セキュリティポリシーの役割と情報セキュリティマネジメントの必要性を理解した上で、ISMSの確立から導入、見直し、改善に至るPDCAサイクル全体の概要を修得することをねらいとしています。

【前提知識】特に必要ありません

【対象】情報システムや情報管理に携わる責任者及び担当者の方

【コース目標】情報セキュリティ管理システム(ISMS)の確立から実行に必要な方法までを説明することができます。

【動作環境】OS:Windows XP/Vista/7、ブラウザ:IE7/IE8/IE9、必要ソフト:Adobe Flash Player 最新版

【主な学習項目】
1情報セキュリティマネジメントの必要性
1-1 はじめに
1-2 増えつづける情報セキュリティに関わる事件
1-3 情報セキュリティに対する取り組み
1-4 まとめ

2情報セキュリティの考え方と情報セキュリティポリシー
2-1 はじめに
2-2 情報セキュリティの考え方
2-3 情報セキュリティポリシー
2-4 情報セキュリティマネジメントシステムのサイクル
2-5 まとめ

3情報セキュリティマネジメントシステムの確立
3-1 はじめに
3-2 情報セキュリティマネジメントシステム確立について
3-3 情報セキュリティポリシーの策定(Step1)
3-4 適用範囲の決定(Step2)
3-5 リスクの分析(Step3)
3-6 リスクの管理(Step4)
3-7 セキュリティ対策の選択(Step5)
3-8 適用宣言書の作成(Step6)
3-9 まとめ

4情報セキュリティマネジメントシステムの導入及び運用
4-1 はじめに
4-2 情報セキュリティマネジメントシステムの導入及び運用の必要性
4-3 情報セキュリティマネジメントシステムの導入及び運用
4-4 セキュリティに関わる事故への対策
4-5 まとめ

5情報セキュリティマネジメントシステムの監視及び見直し
/情報セキュリティマネジメントシステムの維持及び改善
5-1 はじめに
5-2 監視及び見直しとは
5-3 維持及び改善とは
5-4 まとめ

6情報セキュリティマネジメントの規格・認証
6-1 はじめに
6-2 動向
6-3 まとめ

7まとめ

▲このページのTOPへ
製品名 品番 期間 形態 価格(税込)
法人unit数
iStudy for コンプライアンス
セキュリティ監査
H0674031
R0674031
90日 学習 11,550円11unit

リリース日:6月28日

【製品概要】
セキュリティ監査、システム監査のそれぞれについての概要と、情報システムの運用に果たす役割について修得することをねらいとしています。

【前提知識】特に必要ありません

【対象】情報システムの企画、開発、運用、保守に携わる責任者及び担当者の方

【コース目標】セキュリティ監査とシステム監査の関係や、セキュリティ監査、システム監査において、どのようなことを実施すべきなのかを説明できます。

【動作環境】OS:Windows XP/Vista/7、ブラウザ:IE7/IE8/IE9、必要ソフト:Adobe Flash Player 最新版

【主な学習項目】
1セキュリティ監査の必要性
1-1 はじめに
1-2 情報システムを取り巻く環境変化
1-3 セキュリティ監査の必要性
1-4 まとめ

2セキュリティ監査とは
2-1 はじめに
2-2 セキュリティ監査とシステム監査
2-3 セキュリティ監査
2-4 セキュリティ監査人の役割
2-5 セキュリティ対策の監査技法
2-6 セキュリティ監査の項目
2-7 まとめ

3システム監査の基礎知識
3-1 はじめに
3-2 外部監査と内部監査
3-3 システム監査とシステムライフサイクル
3-4 システム監査基準
3-5 関連法規など
3-6 システム監査の流れ
3-7 まとめ

4システム監査の計画
4-1 はじめに
4-2 システム監査の計画
4-3 システム監査計画の体系
4-4 中長期計画
4-5 基本計画
4-6 個別計画
4-7 まとめ

5システム監査の実施
5-1 はじめに
5-2 システム監査の実施の概要
5-3 予備調査
5-4 本調査
5-5 システム監査の項目
5-6 まとめ

6システム監査の報告
6-1 はじめに
6-2 システム監査報告の流れ
6-3 システム監査報告書
6-4 フォローアップ
6-5 まとめ

7関連知識(個人情報保護とリスク分析)
7-1 はじめに
7-2 個人情報保護
7-3 リスク分析

8まとめ

▲このページのTOPへ
[LPIシリーズ]
製品名 品番 期間 形態 価格(税込)
法人unit数
iStudy for LPI LPIC 101 H0665031
R0665031
90日 学習 21,000円
20unit

リリース日:未定

【製品概要】
LPIC レベル1認定 101試験の合格に必要となる知識やスキルを、スライドと音声で学習するeラーニングです。
実際に普段Linuxトレーニングを担当している講師による、スライドを利用した分かりやすい説明と、具体的なコマンド実行のデモ、更に試験合格のために役立つ確認問題を搭載しております。

【前提知識】特に必要ありません

【対象】LPICレベル1認定 101試験の合格を目指す方

【コース目標】
・Linuxシステム管理の基礎的な知識を身につける
・LPIC レベル1認定 101試験合格に必要となる知識やスキルを習得する

【動作環境】OS:Windows XP/Vista/7、ブラウザ:IE7/IE8/IE9、必要ソフト:Adobe Flash Player 最新版

【主な学習項目】
第0章 はじめに
  ・コース概要
第1章 システムアーキテクチャ
  ・ハードウェア設定の決定と構成
  ・システムのブート
  ・ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート
第2章 Linuxのインストールパッケージ管理
  ・ハードディスクのレイアウト設計
  ・ブートマネージャのインストール
  ・共有ライブラリを管理する
  ・Debianパッケージ管理を使用する
  ・RPM及びYUMパッケージ管理を利用する
第3章 GNUとLinuxコマンド
  ・コマンドラインで操作する
  ・フィルタを使ってテキストストリームを処理する
  ・基本的なファイル管理を行う
  ・ストリーム、パイプ、リダイレクトを使う
  ・プロセスを生成、監視、終了する
  ・プロセスの実行優先度を変更する
  ・正規表現を使用してテキストファイルを検索する
  ・viを使って基本的なファイル編集を行う
第4章 デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層基準
  ・パーティションとファイルシステムの作成
  ・ファイルシステムの整合性を保持する
  ・ファイルシステムのマウントとアンマウントをコントロールする
  ・ディスククォータを管理する
  ・ファイルのパーミッションと所有者を管理する
  ・ハードリンクとシンボリックリンクを作成・変更する
  ・システムファイルを見つける、適切な位置にファイルを配置する

▲このページのTOPへ
製品名 品番 期間 形態 価格(税込)
法人unit数
iStudy for LPI LPIC 102 H0666031
R0666031
90日 学習 21,000円
20unit

リリース日:未定

【製品概要】
LPIC レベル1認定 102試験の合格に必要となる、知識やスキルをスライドと音声で学習するeラーニングです。
実際に普段Linuxトレーニングを担当している講師による、スライドを利用した分かりやすい説明と、具体的なコマンド実行のデモ、更に試験合格のために役立つ確認問題を搭載しております。

【前提知識】特に必要ありません

【対象】LPICレベル1認定 102試験の合格を目指す方

【コース目標】
・Linuxシステム管理の基礎的な知識を身につける
・LPIC レベル1認定 102試験合格に必要となる知識やスキルの習得をする

【動作環境】OS:Windows XP/Vista/7、ブラウザ:IE7/IE8/IE9、必要ソフト:Adobe Flash Player 最新版

【学習項目】
第0章 はじめに
  ・コース概要
第1章 シェル、スクリプト、およびデータ管理
  ・シェル環境のカスタマイズと使用
  ・簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する
  ・SQLデータ管理
第2章 ユーザインターフェイスとデスクトップ
  ・X11のインストールと設定
  ・ディスプレイマネージャの設定
  ・アクセシビリティ
第3章 管理業務
  ・ユーザアカウント、グループアカウント、
                         および関連するシステムファイルを管理する
  ・ジョブスケジューリングによるシステム管理業務の自動化
  ・ローカライゼーションと国際化
第4章 重要なシステムサービス
  ・システム時刻を維持する
  ・システムのログ
  ・メール転送エージェント(MTA)の基本
  ・プリンターと印刷を管理する
第5章 ネットワークの基礎
  ・インターネットプロトコルの基礎
  ・基本的なネットワーク構成
  ・クライアント側のDNS設定
第6章 セキュリティ
  ・セキュリティ管理業務を実施する
  ・ホストのセキュリティ設定
  ・暗号化によるデータの保護

▲このページのTOPへ

 


■ 製品更新のお知らせ

今月はありません。
▲このページのTOPへ

■ 販売終了製品のお知らせ
今月はありません。
過去の販売終了製品一覧はこちらよりご覧ください。
 
【iStudy Workplace(ハイブリッド版)リリースによる価格(unit)が統合された製品】(PDF)
(DL版とWeb版の価格が異なる製品は、DL版の価格に統一されております)
▲このページのTOPへ