PL/SQLを使ってみよう

PL/SQLを知り尽くしたインストラクターによる不定期連載

著者プロフィール

minoshima_

蓑島 好昭(Minoshima Yoshiaki)

Oracle認定講師、IBM認定講師。当会場では貴重な男性講師。システム開発や設計業務経験があるからこそ、「受講生の皆さんには苦労して欲しくない!」と講義にも熱が入る。データベースを中心とした技術分野に設計、管理、開発と幅広いスキルをもつ。   →詳しいプロフィールはこちら

第137回 実用WEBアプリ 文書管理システム(18)複数ディレクトリ・文書の一括削除、整列処理(1) 2016.07.14
第136回 実用WEBアプリ 文書管理システム(17)複数選択によるディレクトリ移動(その2) 2015.08.27
第135回 実用WEBアプリ 文書管理システム(16)複数選択によるディレクトリ移動(その1) 2015.08.06
第134回 実用WEBアプリ 文書管理システム(15)メニューバーの追加 2015.07.29
第133回 実用WEBアプリ 文書管理システム(14)階層ツリー表示(階層問い合わせ、NVL2関数の利用) 2015.07.09
第132回 実用WEBアプリ 文書管理システム(13)コーヒーブレイク:このシステムにおけるPREタグとPタグ 2015.06.11
第131回 実用WEBアプリ 文書管理システム(12)検索機能(その3 生成したSELECT文の実行) 2015.06.04
第130回 実用WEBアプリ 文書管理システム(11)検索機能(その2 SELECT文の生成) 2015.05.28
第129回 実用WEBアプリ 文書管理システム(10)検索機能(その1 検索条件入力フォーム) 2015.05.21
第128回 実用WEBアプリ 文書管理システム(9)再帰的外部キーは階層構造を保証するものではない 2015.05.14
第127回 実用WEBアプリ 文書管理システム(8)ディレクトリの循環を防ぐ 2015.04.30
第126回 実用WEBアプリ 文書管理システム(7)更新処理 2015.04.23
第125回 実用WEBアプリ 文書管理システム(6)ディレクトリ表示~最上位の階層表示は構文が違うので動的SQLを使う~ 2015.04.16
第124回 実用WEBアプリ 文書管理システム(5)ディレクトリ表示 2015.04.09
第123回 実用WEBアプリ 文書管理システム(4)文書表示 2015.04.02
第122回 実用WEBアプリ 文書管理システム(3)文書登録 2015.03.26
第121回 実用WEBアプリ 文書管理システム(2)ディレクトリ登録 2015.03.19
第120回 実用WEBアプリ 文書管理システム(1)概要 2015.03.12
第119回 WEBアプリ作成(17)(アクセスログを表示する) 2015.02.26
第118回 WEBアプリ作成(16)(アクセスログを記録する(データベーストリガー)) 2015.02.05
第117回 WEBアプリ作成(15)(複数ユーザーで共有する方法) 2015.01.29
第116回 WEBアプリ作成(14)(パッケージ化する) 2015.01.22
第115回 WEBアプリ作成(13)(イメージファイルの表示の仕方 2/2) 2014.12.18
第114回 WEBアプリ作成(12)(イメージファイルの表示の仕方 1/2) 2014.12.11
第113回 WEBアプリ作成(11)(チェックボックスによる複数選択処理 2/2) 2014.12.04
第112回 WEBアプリ作成(10)(チェックボックスによる複数選択処理 1/2) 2014.11.27
第111回 WEBアプリ作成(9)(データ更新(UPDATE)2/2) 2014.11.20
第110回 WEBアプリ作成(8)(データ更新(UPDATE)1/2) 2014.11.13
第109回 WEBアプリ作成(7)(改行を含む文字データの表示) 2014.11.06
第108回 WEBアプリ作成(6)(データ登録 2/2) 2014.10.30
第107回 WEBアプリ作成(5)(データ登録 1/2) 2014.10.16
第106回 WEBアプリ作成(4)(検索条件を指定して複数レコードを表示 2/2) 2014.10.09
第105回 WEBアプリ作成(3)(検索条件を指定して複数レコードを表示 1/2 入力フォーム作成) 2014.09.25
第104回 WEBアプリ作成(2)(キーを指定して1レコードを表示) 2014.09.11
第103回 WEBアプリ作成(1)(Oracle DBとPL/SQLだけで、即、WEBアプリ) 2014.08.21
第102回 VPD(バーチャル・プライベート・データベース)(2) 2014.07.24
第101回 VPD(バーチャル・プライベート・データベース)(1) 2014.07.17
第100回 PL/SQLの良いところ 3点 2014.07.02
第99回 ツール作成(問い合わせ結果を縦に表示する) 2014.06.12
第98回 条件付きコンパイル(その2) 2014.05.29
第97回 条件付きコンパイル(その1) 2014.05.22
第96回 ネイティブコンパイル 2014.05.15
第95回 バインド変数、CURSOR_SHARINGパラメータの効果を測定してみる 2014.05.01
第94回 文字列連結の注意点(SQL文において バインド変数の使用) 2014.04.21
第93回 文字列連結プログラミングのコツ 2014.04.17
第92回 一時表の利用によるプログラミングの簡素化(2) 2014.04.10
第91回 一時表の利用によるプログラミングの簡素化(1) 2014.03.27
第90回 DBMS_PIPEを使った非同期メッセージ通知(2) 2014.03.20
第89回 DBMS_PIPEを使った非同期メッセージ通知(1) 2014.03.13
第88回 PL/SQLでWEBページを検索してみる。本メルマガのバックナンバーの検索 2014.02.27
第87回 PL/SQLからWEBページにアクセスする 2014.02.20
第86回 コラム「数値に変換できない文字列の検出について」 2014.02.13
第85回 PL/SQLソースコードの不明瞭化 2014.02.06
第84回 オブジェクトの依存性の表示 2014.01.30
第83回 オブジェクトの依存性 2014.01.23
第82回 コラム「複雑で長すぎるSELECT文」 2013.12.26
第81回 再帰コールではオープン・カーソル数に注意、およびその対策 2013.12.16
第80回 再帰コールを使った階層的なデータ更新 2013.12.09
第79回 再帰コールで階層問い合わせをしてみる 2013.12.02
第78回 「再帰コール」~プログラムの中で自分自身をコールする~ 2013.11.25
第77回 テーブル・ファンクションとカーソル変数 ~問い合わせ結果の変換~ 2013.11.18
第76回 テーブル・ファンクションとNO_DATA_NEEDED例外 2013.11.11
第75回 テーブル・ファンクション ~表のように問い合わせできるファンクション~ 2013.10.28
第74回 ビューを通してのデータ更新(INSTEAD OF トリガーを使って) 2013.10.21
第73回 ビューを通してのデータ更新 2013.10.07
第72回 ログオフトリガー ~パッケージ変数、行トリガーと組み合わせてセッションのUPDATE量を記録するなど~ 2013.09.30
第71回 ログオントリガー 2013.09.09
第70回 DDLトリガー ~DDLの履歴をログ表に記録するなど~ 2013.08.26
第69回 DDLトリガー ~それを利用して特定のオブジェクトのDDLを防止するなど~ 2013.08.19
第68回 複合トリガー(その2) 2013.08.05
第67回 複合トリガー(その1) 2013.07.29
第66回 バルク・バインド FORALL のエラー処理 2013.07.22
第65回 バルクバインド(配列内の添え字を選んでFORALLする方法) 2013.07.08
第64回 バルク・バインド(添え字番号が連続しないときのFORALL構文) 2013.07.01
第63回 バルク・バインド(FETCH BULK COLLECT INTO 文のLIMIT句) 2013.06.24
第62回 バルク・バインド(FETCH BULK COLLECT INTOの場合) 2013.06.17
第61回 バルク・バインド(SELECT BULK COLLECT INTOの場合) 2013.06.10
第60回 バルク・バインドのスピードを計測してみる 2013.06.03
第59回 バルク・バインド(DMLの場合) 2013.05.27
第58回 外部キー制約エラーでもAFTERの行トリガーは起動する 2013.05.20
第57回 自律型トランザクションとデータベーストリガー 2013.05.13
第56回 自律型トランザクション 2013.05.02
第55回 定義者権限と実行者権限(その4) 2013.04.22
第54回 定義者権限と実行者権限(その3) 2013.04.15
第53回 定義者権限と実行者権限(その2) 2013.04.08
第52回 定義者権限と実行者権限(その1) 2013.03.25
第51回 PL/SQLで自分のツールを作る 2013.03.18
第50回 UTL_FILEパッケージでのファイル入力 2013.03.11
第49回 UTL_FILEパッケージでのファイル出力 2013.02.18
第48回 UTL_FILEパッケージを使ったファイル入出力 2013.02.04
第47回 動的SQLでのバインド変数の使用 2013.01.28
第46回 動的SQL (複数行返す問い合わせの場合) 2013.01.21
第45回 動的SQL (1行返す問い合わせの場合) 2013.01.07
第44回 動的SQLの実行の仕方(EXECUTE IMMEDIATE) 2012.12.10
第43回 動的SQLの概要 2012.12.03
第42回 導出列のメンテナンスにトリガーを使う 2012.11.19
第41回 BEFOREの行トリガーでは、『:NEW.列名』に値を代入できる 2012.11.12
第40回 トリガー処理のルール(してはいけないこと) 2012.11.05
第39回 行トリガーで『:OLD.列名』と『:NEW.列名』を用いた値ベース監査 2012.10.29
第38回 文トリガー、行トリガーの構文 2012.10.22
第37回 DMLトリガーの特長 2012.10.15
第36回 データベーストリガーの概要 2012.10.01
第35回 パッケージ本体の初期化ブロック 2012.09.24
第34回 パッケージでユーザ定義の型を標準化する 2012.09.03
第33回 【コラム2】PL/SQLパッケージの本質について ~これが私のパッケージ観~ 2012.08.27
第32回 パッケージの利用例 ユーザ定義例外 2012.08.20
第31回 パッケージの利用例 定数の宣言 2012.08.06
第30回 パッケージでできること 変数の永続性 2012.07.30
第29回 パッケージでできること オーバーロード(同名のサブプログラム定義) 2012.07.23
第28回 パッケージ化の意味と作成構文 2012.07.09
第27回 パッケージの概要 2012.07.02
第26回 【コラム1】プログラマーの心得 ~少しずつ、確認しながら~ 2012.06.25
第25回 ストアド・ファンクションで複雑な問い合わせを簡単に 2012.06.18
第24回 ストアド・ファンクションをSQLで使用するための条件 2012.06.11
第23回 ストアド・ファンクションをSQLで使用する 2012.06.04
第22回 ストアド・ファンクション作成構文 2012.05.28
第21回 ストアド・ファンクション概要 2012.05.21
第20回 ストアドプロシージャ事例2(連続性を保証した発番処理)後編 2012.05.14
第19回 ストアドプロシージャ事例2(連続性を保証した発番処理)前編 2012.05.07
第18回 ストアドプロシージャ事例1(注文登録) 2012.04.23
第17回 ストアド・プロシージャ作成構文 2012.04.16
第16回 ストアド・プロシージャ概要 2012.04.09
第15回 結合配列のキーの存在チェック 2012.04.02
第14回 結合配列をキー値の順番にソートする方法 2012.03.26
第13回 コレクション変数について 2012.03.19
第12回 レコード変数について 2012.03.12
第11回 カーソルFORループ文で、ヘッダー・ディテールも簡単 2012.02.27
第10回 カーソルFORループ文 2012.02.20
第9回 カーソルのオープン、フェッチ、クローズ 2012.02.13
第8回 明示カーソル処理(詳細1) 2012.01.30
第7回 明示カーソル処理 2012.01.16
第6回 SELECT INTO文の例外処理 2011.12.26
第5回 PL/SQLでのSELECT文(1) 2011.12.19
第4回 変数について(その2) 2011.12.05
第3回 変数について(その1) 2011.11.28
第2回 世界で一番短いPL/SQLブロック 2011.11.21
第1回 PL/SQLの概要 2011.11.14