銀座会場 リクエストコース
以前のバージョンや特定の職種の方向けの専門コースなど、定期開催していないコースは、ご要望に合わせて開催しています。

大規模データを活かす!BI担当者の方へ Oracle BI SE Oneを学べるのは銀座会場だけ!

Oracle BI SE One エッセンシャルズ 【eKit】(2日間)

Oracle BI Standard Edition One (以下、Oracle BI SE One)の入門に最適なコースです。大規模データ分析のシステムを構築する担当方はもちろん、データを分析したいエンドユーザ部門の方にもおすすめです。

Oracle BI SE One のユーザインタフェースの理解/Answers、BI Publisher によるレポーティング/Oracle Warehouse Builder の操作/Oracle BI SE One のアーキテクチャ、リポジトリ3層構造の理解/Administration Toolの操作/Oracle BI SE One の概要の理解

※このコースは定期開催しておりません。ご要望にあわせて開催いたします。ぜひお問合せください。

▲ ページTOPへ

忙しい方におすすめ!現場で使えるスキルを2日で速習 データベース設計 オリジナル

データベース物理設計(2日間)

RDBMSの基本アーキテクチャの知識をベースとして、データベースの運用管理と物理設計面で何を行うべきかを学びます。
パフォーマンス劣化防止のため、データベースの調整において可能な事は何か。バックアップ、日次、月次処理、メンテナンスのための計画停止などの運用事項を考慮した物理設計と運用計画の立案方法を学びます。

データベース論理設計(2日間)

データベースのパフォーマンスや使い勝手を意識した設計が「論理設計」にあたります。
データ量や処理要件を把握し、最適なパフォーマンスが出るであろう表設計、索引設計を行います。

データモデリング(データベース概念設計)(2日間)

データベース設計の上流工程に位置づけられる設計が「概念設計」です。
システムに対するユーザー要件を元に必要なデータ項目を抽出・分析し、E-R図(データモデリング図)に落とし込みます。このE-R図の記述方法と、漏れのないデータ分析のアプローチを学びます。

▲ ページTOPへ

高セキュリティシステムの実装と活用方法を、深く・わかりやすく解説

Oracle Database 11g R2 セキュリティ(短縮版)【eKit】(3日間)

Oracleのセキュリティ機能と企業に求められるセキュリティ要件の対応を検証します。コンサルタント、サポートエンジニアの方におすすめです。

ファイングレイン監査の実装/仮想プライベート・データベースの管理/セキュア・アプリケーション・ロールの管理/データベースとリスナーの保護/Oracle Label Securityポリシーの設定/透過的データ暗号化の使用/Oracle Databaseの基本的なセキュリティ機能の使用/ファイルの暗号化の使用/Enterprise Security Managerツールの使用/ファイングレイン・アクセス・コントロールの実装/ユーザー認証モデルの選択/Oracle Advanced Securityオプションに関連付けられた利点と要件の説明/表の列の暗号化と復号化

※このコースは定期開催しておりません。ご要望にあわせて開催いたします。ぜひお問合せください。

▲ ページTOPへ

目からウロコのPL/SQL上級テクニックが満載

Oracle Database 11g 上級PL/SQL【eKit】(3日間)

PL/SQLのチューニングやセキュリティ機能など高度な内容を習得したい方におすすめです。

SQLインジェクション攻撃の識別/LOBデータ型の管理/コレクションの使用/既存の型に基づくアプリケーション用サブタイプの作成/SecureFiles LOB機能/ファイングレイン・アクセス・コントロールの手順/SecureFiles LOBの重複除外、圧縮および暗号化の有効化/コーディング標準の適用による、SQLインジェクションに対する脆弱性の排除/PL/SQLからのJavaプログラムの実行/PL/SQLからの外部Cプログラムの実行/カーソル設計のガイドライン/SQL結果セットのキャッシュ処理によるメモリー使用の改善/PL/SQLアプリケーションのプロファイル/PL/SQL結果キャッシュを使用するためのPL/SQLファンクションの設定/PL/SQLコードのチューニング/DBMS_LOB PL/SQLパッケージの使用によるLOBの制御

※このコースは定期開催しておりません。ご要望にあわせて開催いたします。ぜひお問合せください。

▲ ページTOPへ