研修環境 Oracle VM

システム・テクノロジー・アイ 銀座会場では、2008年より日本オラクル株式会社が提供するサーバ仮想化ソフトウェア「Oracle VM」を採用し、快適な研修環境を整えています。

研修環境は「Oracle VM」を採用

最大60の仮想サーバ

ハードウェアはDell Power Edge2950Ⅲを5台採用。
1台をコントロールサーバ、4台をクライアントサーバと構成し、それぞれのクライアントサーバに15の仮想サーバを入れることで、最大60の仮想サーバを同時構築することに成功しております。

運用管理コストの軽減

OSとミドルウェア、アプリケーションをイメージとした研修用の環境構築テンプレートをコントロールサーバ内に一元的に整備しました。 これまで、各ローカルマシンに対し、手動で行っていた研修環境の構築が不要になり、管理ユーティリティーからのセットアップコマンドにより環境構築テンプレートが、コントロールサーバから各クライアントサーバ内に自動的に構築されます。構築の所要時間は数分です。

OracleVM

図をクリックすると拡大します

▲ページTOPへ